ナッシュの僕流の温め方と食べ方と自然解凍していいのか?論。

ご覧いただいてありがとうございます。

 

ナッシュを楽しんでいる人、たくさんいて嬉しいです^^

 

ナッシュの特質上、温め時間がかなりかかってしまうがデメリット。

 

ということで、僕がやっている効率的な温め方解凍するのは冷蔵庫で自然解凍はやめたほうがいい理由を紹介ます。

 

ご興味あったらお読みくださいね。

 

 

ナッシュのお弁当の僕の温め方

 

ナッシュは美味しくて、鶏肉やハンバーグなどは食べごたえがあるように分厚いですよね。

 

でも、分厚くてボリューミーで美味しいのはメリットですが、電子レンジでの加熱は時間がかかるものもあるってことです。

 

時間がかかるナッシュのお弁当は500ワットの電子レンジで7分以上かかるものもあります。

 

なぜかというと、ハンバーグや鶏肉などの分厚い材料があるからです。

 

そこで僕がやっているのは、冷蔵庫での解凍をしています。

 

ちょっと面倒かもれませんが、食べる前日に冷蔵庫に移し替えるのです。

 

そうすれば、翌日には解凍している状態になります。

 

ナッシュの分厚いハンバーグもしっかりと解凍してしまえば、2分ほどの時間の加熱で温まります。

 

※僕のレンジは700ワットなので、冷凍状態の加熱は何回か分けてチンしてましたけど、解凍してからなら気にすることはなくなりましたよ^^

 

冷蔵室解凍してからの加熱をおすすめする理由

 

※自然解凍や常温解凍ではなく、冷蔵室です、注意してくださいね^^

 

分厚い食材の入っているナッシュのお弁当の場合、電子レンジはすべての食材に対してマイクロ波が食材の水分に対して平等に加熱してくれます。

 

平等っていい感じがしますが、同じ火力で同じ時間ということです。

 

ということは、薄い食材や隙間のあるブロッコリーなどは少しの加熱で良いのに、加熱しすぎるってことなのですよね。

 

結果、ブロッコリーなどの野菜が水分が抜けてしまってカピカピになってしまうのです(汗)。

 

ハンバーグなどの加熱時間の目安はハンバーグに対しての時間であって、野菜の加熱時間ではないのです。

 

※じゃあ、別々にレンジで加熱すればいいじゃん!っていう方もいらっしゃるかも知れませんね。⇒はい!そうすれば、問題ないと思います。

 

僕の場合はいちいち別々にするのが面倒なのと、一応ナッシュの注意書きには700ワット以上のレンジは使わないように書かれているからというのもあります。

 

解凍の場所は冷蔵室で解凍する

 

解凍して電子レンジで加熱するのですが、解凍は時間がかかるかも知れませんが冷凍室でやっています。

 

自然解凍や常温解凍じゃだめなの?という方もいらっしゃるかも知れません。

 

でも、ナッシュの公式ページの注意事項にもあるように常温での保存や自然解凍してそのまま食べることは推奨されていません。

 

なぜ、自然解凍や常温解凍はやめたほうがいいか?

 

簡単に言うと、自然解凍や常温解凍は温度の問題があります。

 

冷凍状態では、菌は発生する可能性はほぼないと思います。

 

でも、冷凍状態では無菌でも、常温にした食材って腐るのが早くないでしょうか。

 

ナッシュ 自然解凍

 

そうなんですよ、腐る方向に向かうってことなのです。

 

常温保存はかなり加速していくってことです。

 

まあ、昔の人は腐りかけが一番うまいというおっちゃんもいましたけどね(笑)。

 

なので、短時間の常温状態なら問題ないことも、数時間の常温状態は好ましくないということなのです。

 

※冷凍庫では数ヶ月大丈夫、冷蔵庫では数日大丈夫、でも常温では外気によりますが夏場なら数時間でアウト!ってことがありますよね。

 

こういった理由から、自然解凍や常温解凍はやめておいたほうがいいということです。

 

会社に持っていきたいと言う場合は、保冷バッグなどでなるべく溶けないようにするとか工夫する必要があります。

 

※完全に溶けた状態から腐食が始まると考えて良いと思いますので、自己責任で気をつけてください。

 

僕が冷蔵室解凍している理由

 

以上のような理由で、僕も食べる前に解凍して加熱時間の短縮や加熱ムラをなくすためにしていますが、自然解凍はしていません。

 

なぜなら、腐りかけかもしれないし、判断もしづらいですからね。

 

よかったら参考にしてみてくださいね。



ページの先頭へ戻る