まごころケア食 健康バランス弁当「鶏のスパイス炒め弁当」食べてみた

こんばんは、今日も昨日の夜と同じくおかずのみを食べました。

 

ダイエットしているわけではないですが、昨日の夜がおかずだけでお腹が減っていたようで、急遽食べたのです。

 

というのも、起きてからはすぐにご飯を食べないようにしてます。

 

朝一発目の栄養補給は、アイハーブで購入している青汁、エナジーグリーンという青汁みたいなものを飲んで、完全に空きっ腹になるまでは昼を食べない生活をしています。

 

朝イチでご飯を食べるとまた眠くなってしまうので、こんな生活になっています。

 

もっとも、低糖質の弁当にしてから食後は眠くなることが少なくなっているような気がしますけどね。

 

ご飯の糖質よりもおかずの低糖質が良いのかと自分勝手に解釈しております(笑)。

 

では、健康バランス弁当の鳥のスパイス炒め弁当の紹介です。

 

まごころケア食 健康バランス弁当 鶏のスパイス炒め

 

まごころケア食 健康バランス弁当「鶏のスパイス炒め弁当」

 

下味にしっかりとスパイスが効いていて、良かったと思いました。

 

ソースが色んな野菜が入っているので、これもバランス的に良いのかも知れませんね。

 

鶏肉を食べてしまったあとは、野菜もたくさん入っているソースもすべて食べつくしました(笑)。

 

この野菜入りのケチャップソースでピラフを作ったら美味しくなりそうです^^

 

イカと野菜の煮物

 

まごころケア食 イカと野菜の煮物

 

もうこれはまごころケア食の定番のメニューです。

 

いかと大根と人参、そして枝豆が入っています。

 

前回食べたのは材料は同じで、クリーム煮タイプのおかずでしたが、今回は煮物つゆを使っている和風タイプの煮物です。

 

どちらかというと、この煮物つゆのほうが僕は好きですね。

 

イカは定番の柔らかさです。

 

3色豆

 

まごころケア食 3色豆

 

お弁当のパッケージを開けて一番に目に飛び込んできたのが、この三色豆です。

 

「おっ!」と(笑)。

 

なかなか良い色合いですよね。

 

まず、自分の食事では出てこないし、冷蔵タイプのお豆さんをたまに購入することはあっても、大豆と昆布という感じのものばかりです。

 

ちょっと違う雰囲気のおかずが良かったです。

 

味も素材を活かした甘めの味付けでした。

 

豆は、青えんどう豆、白花豆、うずら豆と書かれています。

 

えんどう豆ぐらいしか知らないです^^

 

味付けは砂糖と食塩のみになっているようでした。

 

ポテトサラダ

 

最後はポテトサラダです。

 

食感的にはまあ、冷凍食品ですので、実際に自分で作ったものには及びませんが、そこそこ美味しく食べました。

 

ポテトサラダを食べるときはソースをたっぷりとかけて、胡椒もかけるのですが、まごころケア食のおかずは調味料を使わないというのが基本ですのでそのまま食べています。

 

それでも味はついているので、まずいことはないのでパクパク食べてたような気がします^^

 

まごころケア食 健康バランス弁当「鶏のスパイス炒め弁当」の感想

 

鶏のスパイス炒めのソースが美味しかったです。

 

自分の家ではソースまで凝った料理に仕上げるのは難しいですよね。

 

野菜もいろいろはいっていて、なおかつちょっとスパイシーでトマトの甘味も良かったと思いました。

 

あとは、三色豆が印象的でしたね。

 

食材の一覧を読むまでなんの豆かはわからないまま食べてました。

 

どの豆も美味しかったですよ。

 

まごころケア食 健康バランス弁当「鶏のスパイス炒め弁当」の栄養成分表示

 

今回のまごころケア食は健康バランス弁当でのみ出しているお弁当となります。

 

内容量は180グラム、カロリーは285キロカロリーとなっています。

 

タンパク質は13.8グラム、脂質は13.1グラム、炭水化物28.6グラム(うち糖質25.1グラム、食物繊維が3.5グラム)、食塩相当量は1.9グラムとなっています。

 

ほかの弁当と比べて糖質が多いように思えますが、普段自分で作ったらもっとたくさん糖質を摂っていると思います。

 

逆に他のまごころケア食の糖質制限食などよりもしっかりと糖質が入っている分だけ、食べごたえがあるような気がしてます。

 

糖質⇒美味しいってことでしょうか(笑)。

 

では、ご覧頂きありがとうございました。

 

まごころケア食のお試しは別ページで紹介しています^^

 

良かったらご覧ください。

 

まごころケア食 健康バランス弁当「鶏のスパイス炒め弁当」の栄養成分表示



ページの先頭へ戻る