まごころケア食 健康バランス弁当 あじメンチカツ弁当食べてみた

こんばんは、今日の夜ご飯はまごころケア食にしました。

 

ちょっとあっさりではないものが食べたいと珍しくまごころケア食の中から選んでみたのが今回の「あじメンチカツ弁当」です。

 

自分で料理をするとだいたい決まったメニューが多くなりますよね。

 

男の料理ですから、主婦の方のようにレパートリーは限りなく少ないはずです。

 

自分に合わせて調理するのでまずいものはあまりないですが、鍋なら豚の唐々鍋の素を使ったものやおでんぐらい。

 

肉を買ってきて食べるとしても、野菜炒めか、そのまま塩コショウだけで味付けして焼肉のタレで食べるといった少ないパターンになっていしまいます。

 

冷凍弁当を食べ始めてから、自分では知らないおかずに出会うこともしばしば。

 

今回のまごころケア食の健康バランス弁当の「あじメンチカツ弁当」もそうです。

 

ここに来てくれている、あなた!あじメンチカツって知ってましたか?

 

ということで、今日はあじメンチカツの弁当のレビューです。

 

まごころケア食 あじメンチカツ弁当

 

まごころケア食 あじメンチカツ弁当

 

はい、この下の揚げ物があじメンチカツです。

 

アジフライではなく、アジをメンチカツのように野菜などと練ってメンチカツ風に仕上げています。

 

アジと書かれていなかったら、あっさりとしたメンチカツだなぁと勘違いして食べるはずです。

 

なかなか良い味に仕上がっていて、美味しく食べることができました。

 

もちろん、ソースなどもなしでそのまま食べても十分美味しかったですよ。

 

周りには枝豆が敷きつめられています。

 

これもかすかに塩味で良い食感でした。

 

まごころケア食 鶏豆腐

 

まごころケア食 鶏豆腐

 

まごころケア食にしては珍しいかな、魚がメインで、鶏も入っているパターンでした。

 

これは甘い味付けながらあっさりと鶏肉を食べることができてしまいます。

 

糸コンや玉ねぎにもだしが染み込んでいてご飯がすすむ味付けです。

 

材料としては、冷凍豆腐、スチームチキン、玉ねぎ、糸こんにゃく、ネギが入っていて、煮物つゆで味付けされていました。

 

まごころケア食 青物の昆布〆

 

まごころケア食 青物昆布締め

 

食べた瞬間「スッパッ」となった酢の物風の食べ物です。

 

このような酸っぱいものもあまり食べないので、珍しいものです。

 

好みかというとそれほどですが(笑)、出されたものは全部食べつくします。

 

材料はキャベツに、ズッキーニ、ブロッコリー、にんじんをりんご酢をまぜ、昆布で〆た野菜となっています。

 

リンゴ酢ってなかなか食料に追加したこともないので、珍しい味かなと思います。

 

僕が慣れていないだけだろうけどね^^

 

最後は、マカロニサラダ。

 

まごころケア食 タマゴサラダ

 

まごころケア食 タマゴサラダ

 

これは自分好みの味付けで美味しかったです。

 

もともとタマゴサラダは自分でも作ったりして食べてましたし、ほんのりのマヨネーズ風味も良いです。

 

まごころケア食では、マヨネーズ風味は半固体状ドレッシングと表記されます。

 

マカロニ、にんじん、たまご、玉ねぎが入っていて、調味料で旨く調整されていました。

 

まごころケア食 健康バランス弁当 あじメンチカツ弁当の栄養成分表示

 

内容量は180グラム、278キロカロリーとなっています。

 

まごころケア食は1食180グラムで統一されています。

 

カロリー的に、健康バランス弁当専用のお弁当で制限食よりも食べごたえはあるものですね^^

 

弁当によってちょっと薄いなぁと思うときはだいたい糖質制限食とかにも使えるお弁当が多いように思います。

 

タンパク質は16.0グラム、脂質は16.2グラム、炭水化物は21.2グラム(うち糖質17.3グラム、食物繊維4.0グラム)、食塩相当量2.2グラムとなっています。

 

制限食よりも糖質と塩分がちょっと多いだけで、食べた気がするのは気のせいでしょうか^^

 

美味しく食べることができて満足です。

 

まごころケア食のお試しはこちらで紹介中です。

 

よかったらご覧ください。

 

健康バランス弁当 あじメンチカツ弁当の栄養成分表示

 

 



ページの先頭へ戻る