ハーモグ ゆるっとコントロール「豚ニラ玉弁当」食べてみた

こんにちは、きょうのお昼ごはんは「ハーモグ ゆるっとコントロール 豚ニラ玉」です。

 

もしかしたら、ハーモグは解凍しないほうがいいのかと冷凍のまま電子レンジで加熱しています。

 

魚にみぞれだれがかかっていたので、汁気が多い食品は凍ったまま加熱したほうがいいのかも知れませんね。

 

ハーモグ ゆるっとコントロール 豚ニラ玉

 

ハーモグで嬉しいのは、メインと魚料理が付いていることです。

 

ちょっと満足な糖質制限の食事になりますね。

 

では、料理のお味をレビューしてみましょう。

 

豚ニラ玉の感想

 

ハーモグ ゆるっとコントロール 豚ニラ玉の感想

 

写真をご覧のように、豚肉にニラ、そぼろの卵が入っています。

 

全体的の味は薄いだしの味付けになっています。

 

しかし、豚肉にしっかりとした味が施されていまして、醤油や生姜の味がよくしみています。

 

ニラや卵はあっさりと、豚肉を噛みしめると口全体に醤油とあとから生姜の味が行き渡る、そんな感じです。

 

なかなか美味しいです。

 

みぞれだれのタラ

 

ハーモグ ゆるっとコントロール みぞれだれのタラ

 

湯気で写真が曇っています。

 

ちょっと分かりづらいですが、タラにみぞれだれがかかっていて、白菜やにんじんが隠れています。

 

タラはあっさりとして素材そのものの味でした。

 

みぞれだれもサラサラ入ってきます。ご飯に合うって感じですよ。

 

最後にみぞれだれの染み込んだはくさい、にんじんがいい味出してました。

 

枝豆&ひじき

 

ハーモグ 枝豆&ひじき

 

ひじきと枝豆の白和え、だと思います(笑)。

 

こういうのを見て、ぱっと料理名が出るようになると冷凍宅配弁当レビューアーと言えるのかも知れませんが、食後に白和えの素と書かれていたのを見て白和えと書いています。

 

これから勉強ですね^^

 

ちなみに白和えは豆腐と米みそ、砂糖が使われています。

 

このひじきと枝豆の白和えは砂糖も少なめの白和えの素が使われているようで、ほぼひじきと枝豆の素材の味が勝っていました。

 

特にうまい!って言うわけではないですが、栄養的に抜群なのでお箸は進んでいきました^^

 

その他のおかず

 

ハーモグ メニュー

 

左は緑豆もやしとパプリカ赤と黄が入っています。

 

中華スープの素で味付けされていました。

 

あっさりと食べることができます。

 

右側は大根葉のようです。

 

てっきり小松菜かと思っていました(汗)。

 

大根葉は小さい頃のよく母親に食べさせられていました^^

 

小さい頃は大根の葉を食べるって信じられないという感情があったように思い起こすのですが、大根の葉って今では美味しいなぁと感じます。

 

母親には栄養があるから!ってひたすら言われていたような感じがします(笑)。

 

ハーモグ ゆるっとコントロール「豚ニラ玉弁当」感想

 

このおかずが、めちゃくちゃうまし!っていうのはないですが、全体的に美味しいです。

 

味も物足りないという印象はまったくないので、楽しんで食べられるのがハーモグだと思います。

 

ガッツリと食べたいという男性よりも、少食だけどしっかりと食事をとらなければっていう女性にぴったりと今頭の中に浮かびました(てきとう笑)。

 

では、今回の豚ニラ玉弁当の栄養成分表示です。

 

内容量は230グラム、カロリーは232キロカロリー、タンパク質17.5グラム、脂質13.8グラム、炭水化物9.4グラム(うち糖質5.7グラム、食物繊維3.7グラム)、食塩相当量2.0グラムとなっています。

 

ハーモグのゆるっとコントロールを試してみたいって方は、ハーモグ試してみました!という記事を書いてますのでよかったらご覧ください^^

 

食後にプリン

 

この世に生を受けてから50年ほど立ちますが、カロリーや糖質の量を気にしたことがありませんでした。

 

決して痩せているってこともないのですが、まったく我存ぜすと言う感じ(笑)。

 

冷凍宅配弁当生活を始めてから、なぜか気になるようになってきまして^^

 

食後にプリンを食べたのですが、カロリー180キロカロリー、炭水化物17.9グラムでした。

 

ハーモグでカロリーバランスを摂っているつもりですが、小さいプリン一つでかなりのエネルギーと糖分を取ってしまった僕です(笑)。

 

では、また機会がありましたらお寄りください。

 

豚ニラ玉弁当の栄養成分表示

 

 

 



ページの先頭へ戻る