ケトジェニックダイエットと冷凍宅配弁当のナッシュ

ナッシュの記事を書いていて、どんな疑問を持たれているのか?

 

調べ物をネットでしていたときに書かれていたのが、ケトジェニックダイエットという言葉でした。

 

ナッシュ ケトジェニック

 

ケトジェニックとは?

 

今更ケトジェニックってなんだろうと思ってしまったので、調べてみると、ヤフーニュースにケトジェニックダイエットの転載記事がありました。

 

引用記事になりますが

 

ケトジェニックダイエットは、脂肪分をたっぷり、タンパク質を適量、炭水化物はごく少量に抑えるといった食事法を実践するもの。このような食生活をすると、体が炭水化物を燃焼し尽くしてしまい、脂肪を燃焼してエネルギーにする“ケトーシス”の状態を引き起こす。ケトジェニックが厳格なルールである第一の目的は、体に強制的に脂肪を燃料として使わせることなのだ。

 

ということらしい。

 

ナッシュの糖質はごく少量か?

 

冷凍宅配弁当のナッシュは低糖質という名目の美味しい料理を提供しているお弁当ですが、炭水化物、つまり糖質などがごく少量かといえば、ごく少量とは言えないと思います。

 

料理によっては脂肪分もたっぷりあったり、タンパク質を適量とるのにはおすすめかも知れませんが、糖質がごく少量という概念は微妙だと感ます。

 

ただし、ケトジェニックダイエットには先ほど紹介したヤフーの記事によると、極端な糖質制限をしてケトジェニックダイエットをした場合、ケト・インフルというあまりよろしくない状況にもなりかねないと指摘されています。

 

ナッシュは極端なほど炭水化物が少ないわけではないので、危険状態にはなりにくいので、安心かもしれません。

 

しかし、本格的なケトジェニックダイエットにはちょっと遠く、糖質制限のダイエット的なものになるかと感じました。

 

もっと糖質を抑えるならハーモグ

 

ちょっと余談にはなりますが、糖質制限するのであるのならナッシュも良いかも知れませんが、もっと糖質をおさえている冷凍宅配弁当もあります。

 

当サイトはダイエットの賛否やこれがいいとか、悪いという知識も運営者の僕は持っていないです。

 

ただし、冷凍宅配弁当の栄養素などには敏感になっています(笑)。

 

糖質量の15グラムというのが多いのかどうかは、人によって違うので自分自身の体とプロのトレーナーや医師に相談するのが一番です。

 

そのような立場の上で、さらに低糖質の冷凍宅配弁当があるので紹介しましょう。

 

先日、申し込んで試してみた「ハーモグ」という冷凍宅配弁当です。

 

ナッシュの料理によっては3g程度の「チキンのバジルオイル焼き弁当」のようなものもありますが、弁当によっては、15グラムとか、17グラムとか糖質があるものがあります。

 

ハーモグは糖質が1食あたり5グラム平均とされている冷凍宅配弁当なのです。

 

糖質だけ見ると、ハーモグのほうが抑えられています。

 

ただし、ケト・インフルという危険な症状もありますので、無理をせずに健康的にダイエットしてほしいものです。

 

特に注意したほうがいいのは、「ナッシュで○キロ痩せました!ケトジェニック!」と大げさに書いている、もしくはユーチューブの動画はアオリであり、誇大広告チックなものだと思ったほうがいいです。

 

冷静に判断して、物事を起こしていきましょう。

 

健康がいちばん大事なのは身体を壊してからわかるものですからね。

 

まあ、ナッシュの冷凍宅配弁当でしたら、ダイエットはできなくても、不健康になることはないと思いますが^^

 

ナッシュのお試し方法も書いていますので良かったらご覧ください。

 

ダイエットの素人「一人暮らしのノボル」の独り言でした^^



ページの先頭へ戻る